FC2ブログ

黒革と猿轡

レザーの妖しい艶。手が届くのに外すことのできない拘束具。このブログでは、レザーボンデージの拘束美と、革の妖しい魅力を紹介して行きたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

革人形2

レザー拘束着で後ろ手に厳しくクロスさせ、革の全頭マスクで拘束したあとは、さらにレッグバーで脚の自由を奪います。
s-第3回LBO 329


しばらくこのまま放置したあと、さらに拘束のバリエーションを追加します。


この革の全頭マスクは、目の部分がメッシュ状になっているので、被らされていても、実際は辛うじてぼやけながらも視界が確保されているのですが、“まずは”この視界を革のアイマスクで奪い去ります。
s-第3回LBO 350


視界を失った彼女を、次なる拘束が待ち受けています・・・。
  1. 2009/10/29(木) 00:00:23|
  2. 拘束具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

革人形1

ピッタリとフィットした革のマスク。


厳しく後ろ手にクロスして吊り上げられた両腕。


その光景は正に革人形。
s-第3回LBO 314
  1. 2009/09/24(木) 23:42:55|
  2. 拘束具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

オールレザー拘束服④

最後に革の凸ギャグを噛ませました。

食いしばった時に革ギャグが少々変形するところがなんともいえませんね。
s-画像 025



それと、初めての相互リンクを開通しました。リンク名は「Let’s Enjoy Bondage」です。

どんなところか知りたい方は是非訪問してみてください。
  1. 2009/07/01(水) 00:53:50|
  2. 拘束具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

オールレザー拘束服③

腕の拘束の仕方を変えてみました。
s-画像 021


今度は体の前で、交差させずに右は右、左は左と、それぞれの腕をたたむように拘束してみました。
s-画像 022


前から見るとこんな感じです。
  1. 2009/04/19(日) 00:21:05|
  2. 拘束具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オールレザー拘束服②

以前紹介したことのあるオールレザーの拘束着を着せてみました。
s-画像 020


せっかくなので、まずは良くある(というよりも、通常の拘束スタイル)前で両腕を交差させる拘束スタイルではなく、後ろ手に拘束してみました。
  1. 2009/04/14(火) 01:05:55|
  2. 拘束具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

東北の革大将

Author:東北の革大将
革の拘束具で拘束されたい願望や興味はあるけど、なかなかリアルに触れる機会は少ない・・・レザーボンデージの魅力を体験できる機会を提供できれば・・・そんな想いからブログを立ち上げました。レザーや拘束に興味のある女性の方は、お気軽に下のメールフォームよりコンタクトしてみてください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。