FC2ブログ

黒革と猿轡

レザーの妖しい艶。手が届くのに外すことのできない拘束具。このブログでは、レザーボンデージの拘束美と、革の妖しい魅力を紹介して行きたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オーラルマスク

数ある拘束具の中で、一番好きなのが革製の猿轡。

色々なデザイン、用途のものがあるが、このポッカリと女性の口を強制的に開けっ放しにするデザインのものが一番の好み。

閉じたくとも閉じることのできない口からは、ひとすじの唾液が絶え間なくしたたり落ち、屈辱感を存分に味わうことができるのではないでしょうか。

声を発したとしても「あ゛ーあ゛ー」としか発することができず、何かを穴から押し込まれ、舌でそれを押し返そうと必死に拒んだとしても、抵抗もむなしくそこに押し込まれてくるモノ・・・。

これを嵌められた女性にただ出来ることは、このオーラルマスクを振り払おうと首を振るか、穴からピンク色の舌をペロペロと出すことくらいしか残されていません。

それすら虚しい抵抗でしかないのですが。。。

ただ、この写真のオーラルマスクは穴の径がやや小さいため、男性を押し込むことが出来ないので、もっぱら全身リップ用として用いております。

革の淫靡な匂いと、したたり落ちる涎で黒光りする革の猿轡・・・。これを噛ませられて一晩中放置されてみたい・・・。

さあ、想いを膨らませてください・・・。s-IMG_3488.jpg

  1. 2007/03/08(木) 21:59:29|
  2. 猿轡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ブーツとワンピース | ホーム | 人には言えない願望>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://leathercuff.blog83.fc2.com/tb.php/2-b739d0b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

東北の革大将

Author:東北の革大将
革の拘束具で拘束されたい願望や興味はあるけど、なかなかリアルに触れる機会は少ない・・・レザーボンデージの魅力を体験できる機会を提供できれば・・・そんな想いからブログを立ち上げました。レザーや拘束に興味のある女性の方は、お気軽に下のメールフォームよりコンタクトしてみてください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。