FC2ブログ

黒革と猿轡

レザーの妖しい艶。手が届くのに外すことのできない拘束具。このブログでは、レザーボンデージの拘束美と、革の妖しい魅力を紹介して行きたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ミトン②

レザーミトンの続きです。

前回の記事で書いたように両手の自由をミトンで奪いましたが、さらにその後その拘束を

より強力にし、自由を奪います。


両手をミトンで拘束されて指の自由を奪ったあと、オーソドックスですが両手に手錠をかけます。


それだけでも、かなり自由は奪われてしまいますが、その手錠をさらにお腹の部分に回したベルトに

固定します。
s-画像 013


もちろん手錠の間をベルトを通すのではなく、ベルトと手錠の鎖を南京錠で固定します。
s-画像 015


なお、このベルトはごく一般的に市販されているベルトですが、こうしてミトンで拘束された上に手錠で

繋がれてしまうと、ベルト自体は体に普通に巻いただけなのに、一切外すことはできなくなってしまい

ます。


イメージとしてはアメリカなどで犯罪者を護送する際に使用しているベルトのイメージでしょうか。

アメリカでは、凶悪な犯罪者や自傷行為の恐れのある人間を護送する際に、こうして手錠で拘束した

上からミトンで手の自由を奪うようなハイセキュリティな拘束がありますが、それのBDSMバージョン

といったところでしょうか。



もう少しだけこのときの画像がありますので、それはまた後日アップさせていただきます。

  1. 2009/02/18(水) 01:18:04|
  2. 拘束具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ミトン③ | ホーム | ミトン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://leathercuff.blog83.fc2.com/tb.php/11-6aa5497e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

東北の革大将

Author:東北の革大将
革の拘束具で拘束されたい願望や興味はあるけど、なかなかリアルに触れる機会は少ない・・・レザーボンデージの魅力を体験できる機会を提供できれば・・・そんな想いからブログを立ち上げました。レザーや拘束に興味のある女性の方は、お気軽に下のメールフォームよりコンタクトしてみてください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。