FC2ブログ

黒革と猿轡

レザーの妖しい艶。手が届くのに外すことのできない拘束具。このブログでは、レザーボンデージの拘束美と、革の妖しい魅力を紹介して行きたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ミトン

久々の更新です。

数ある拘束具のなかでも、このミトンタイプの拘束具は日本においては比較的珍しいのではないでしょうか?

もしあったとしても、陳腐なタイプのものが多いように思います。

私が所有しているこのミトン、左右それぞれ独立しており、まず手を入れた後、手首部分についている紐の部分を引き絞り結びあげます。

しかし、このままでは、すこし手を抜こうとしただけで、比較的容易に手を抜くことが出来てしまいます。

その為、さらにその上から、U字型の金具と調節用の穴が複数ついたベルトを手首に固定し、任意の場所で(自分の場合は当然少々きつめに固定しますが)金具にかぶせるようにベルトを固定します。

そして、ベルトがかぶさった状態のU字金具に南京錠をかけて固定すれば、ひとまず拘束は完了です。

もちろん、このままの状態でも、ミトンを着けられた本人は外すことはできませんし、南京錠の鍵を渡したとしても、このミトンでは指の自由が利かないために、外すことはできないでしょう。(仮に外せたとしても相当の時間を要すると思います)
s-画像 010


さらに応用といいましょうか、私の場合は、その拘束力をより高める為に、指先についているDリングを手首のところのU字金具に持っていき、そこで一緒に南京錠で固定してしまいます。

そうするとどういう結果になるか?


被拘束者は、手を「グー」の状態で固定されたことになり、全く手の自由が利かなくなります。

せいぜい出来たとしても、その手を振り回すことぐらいしか出来ないでしょう。

これを同じように反対の手にも施します。

すると、両手とも犬かネコのような手の状態でしか使えなくなるため、ボールギャグ等、かんたんな拘束具ですら、自らの力では外すことが出来なくなってしまいます。
s-画像 009

そのミトンで拘束された自由の利かない両手を、さらに強力に拘束してゆきます。


その拘束の模様は次回へと続きます。


  1. 2009/02/04(水) 00:17:42|
  2. 拘束具
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ミトン② | ホーム | オールレザー拘束服>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://leathercuff.blog83.fc2.com/tb.php/10-f492a54a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

東北の革大将

Author:東北の革大将
革の拘束具で拘束されたい願望や興味はあるけど、なかなかリアルに触れる機会は少ない・・・レザーボンデージの魅力を体験できる機会を提供できれば・・・そんな想いからブログを立ち上げました。レザーや拘束に興味のある女性の方は、お気軽に下のメールフォームよりコンタクトしてみてください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。