FC2ブログ

黒革と猿轡

レザーの妖しい艶。手が届くのに外すことのできない拘束具。このブログでは、レザーボンデージの拘束美と、革の妖しい魅力を紹介して行きたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

革人形5

厳しいポンプギャグを噛まされた彼女は、そのまましばらく放置されます。
s-第3回LBO 368





少し時間を置いて、さらにはそのポンプでバルーンを膨らませます。



あまりにも厳しいギャグに、首を振って抵抗を試みますが、悲しいことに全く意味を成しません。
s-第3回LBO 364





程なくして、ギャグを噛まされたその口元からは、止め処なく涎が垂れ始めます
s-第3回LBO 383





どうにか拘束から逃れようと、体を左右に振ろうとしますが、クロスするほど厳しく両腕を締め上げられた状態では、どうにもすることが出来ません・・・
s-第3回LBO 370

s-第3回LBO 371

s-第3回LBO 382


そして、彼女の意に反して、もがけばもがくほどに、涎はあふれ出し、ポンプギャグのチューブを通じてしたたり落ちてゆきます。
s-第3回LBO 375

s-第3回LBO 384

s-第3回LBO 385


果たして彼女は絶望的なこの拘束から逃れる術を見出せると思っているのでしょうか・・・
  1. 2010/03/31(水) 01:24:57|
  2. 猿轡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

プロフィール

東北の革大将

Author:東北の革大将
革の拘束具で拘束されたい願望や興味はあるけど、なかなかリアルに触れる機会は少ない・・・レザーボンデージの魅力を体験できる機会を提供できれば・・・そんな想いからブログを立ち上げました。レザーや拘束に興味のある女性の方は、お気軽に下のメールフォームよりコンタクトしてみてください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。